トヨタホームとやま

blogtoyama.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 09日

デジカメのISO感度

前回更新から1週間以上も開いてしまいました。
おしごとが忙しいのです。忙しすぎて精神的に余裕がありません。
マジ転職も考えちゃいます。
仕事に関して、書けば今は愚痴にしかならないので止めときます。


唐突ですが、デジカメで子供を撮るのって難しいですよね。
動きが速くてブレたり、フレームアウトしたり。b0044552_22283537.jpg
(ISO100にて撮影)

たいていのデジカメにはマニュアル撮影モードがあり、そこでISO感度が設定できると思います。
このISO感度、数字を大きくすると感度が上がってシャッター速度が速くなり、動きの速い対象物もピタッと止まった写真が撮れます。
逆にISO感度の数字を小さくするとシャッター速度が遅くなり、動きの速い対象物がぶれやすくなります。

それならISO感度は目一杯上げればいいか、というとそうでもないのです。
ISO感度が上がると、画面にノイズが増えます。b0044552_22251875.jpg

↓顔部分を拡大。(ISO400にて撮影)b0044552_22435513.jpg
そばかすのように見えるのがノイズです。
見た目には自然な感じが損なわれます。
仕上がりを優先するなら子供の写真にはできるだけISO感度を下げて撮りたいものです。
ところが子供の動きにはついていけない・・・。b0044552_22285193.jpg
(ISO100にて撮影)


そこで最新のコンデジにはISO感度を上げつつも、できるだけノイズを少なくしたものがあるようです。ISOも1000とか1600とか。
でも、実用に耐えられるのはISO800ぐらいまでと、ヤマダ電機の店員は言っていました。

あ~、新しいデジカメが欲しくなってきました。
[PR]

by toyama_dtp | 2006-07-09 22:27 | こども


<< 物欲シリーズ。      自動車保険の見積り比較 >>