トヨタホームとやま

blogtoyama.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 15日

【作業やり直し?】 HDDが奇跡の復活 【データ復旧?】

会社で作業データを保管している外付HDD(120GB)が認識不良をおこしました。
最終的には奇跡の復活を遂げたのですが、それは冷や汗物でした。


朝、PCを起動し、外付HDDの電源をいれても、「ウイーン、カチ。ウイーン、カチ」の繰り返し。
HDDがカチカチするときって、HDDの末期症状です。
データ復旧業者を検索すると、データリカバリ費用が40GBで数十万円。
それ以上は「応相談」。オイ、いくらなんだよ。


目の前が真っ暗になりました。
データ復旧業者に依頼するか、アウトプットからデータ作成をやり直すか。
どちらにしてもウツです。



それでもダメ元で何度か電源のON/OFFを繰り返すと、HDDのアクセスランプが点滅始めました。
おお、復活の兆し。ひょっとしていけるかも?

次に、Windowsの再起動を試みると、OSの起動にあわせてHDDのアクセスランプが点滅。
恐る恐るフォルダを開くと、中身を見ることができました。
何とか、認識してくれるようになりました。


でも、またいつコケるかわからないのですぐにPC本体へコピーを開始しました。
50GBもあるのでコピーだけで1日終わりそうです。
これを書いてる現在で、「残り233分」。

マメなバックアップの必要性。
基本中の基本ですが、その大切さを実感しました。
[PR]

by toyama_dtp | 2007-01-15 13:57


<< 賞味期限問題。      点検の結果。 >>