トヨタホームとやま

blogtoyama.exblog.jp
ブログトップ

2007年 08月 31日 ( 1 )


2007年 08月 31日

なんかさあ~、最近のトヨタってさぁ~

車のデザインって一定の周期で角ばったり丸みを帯びたりを繰り返すじゃないですか。
今は丸から角への移行時期なのかなって思います。角というよりは、エッジが効いた感じのほうが近いかな。各社からそんな車が増えているように思います。

秋に向けて新車ラッシュのトヨタ、しかしながら最近のトヨタのデザインを見ても、昔のようなわくわくする感じがないのです。
単に年をとったから、クルマに興味がなくなったからなんでしょうか。
そうじゃないです。今でもホンダのVTECエンジンで高回転側のカムに切り替わる瞬間とか、
今年の鈴鹿1000km耐久でのホームストレートのバトルとか、ゾクゾクしますよ。
初代エスティマなんて、あのレイアウトはやられた~って思いました。
でも、そういうゾクゾク感、ワクワク感がトヨタから感じられないのですよ。
それどころか以前に比べて退化してるんじゃないかと。
いや、環境性能とか、技術的には確実に進歩しています。それは認めます。
でも、去年の秋に登場したカローラ系以降は、第一印象が悪くて今でも旧型のほうがいいと思います。
どう見ても内外装の質感は旧型よりも低いです。
それまでのトヨタはお金を掛けずに豪華に見せるのは得意だったはず。
それが他社並みにチープに見えるのは残念です。
それとも本当にお金を掛けなくなったんでしょうか。
最近のトヨタ、10年乗れるのか心配になってきます。
ノアは先代を選んでおいてよかったと思ってます。
そして昨日発表のVanguard。クルーガーをそのままカローラ顔にしただけじゃん。
もしくは3列シートのRAV4(RAV4は存在そのものを忘れかけていましたが)。
車格感とか、所有欲とか、ステイタス性、そういったクルマを持つ喜びを感じさせないんですよ、このクルマは。
高級SUVを名乗るにはあまりにもチープな演出。
プレミアム感をかき立てようとするCMが余計に安っぽく感じてしまいます。
トヨタを積極的に選ぶ気になれない時期がしばらく続くだろうな~。
[PR]

by toyama_dtp | 2007-08-31 21:07