トヨタホームとやま

blogtoyama.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

効かない

これからの時期、冷房が効かないのです。特に古いクルマ。
きょうは国道沿いの温度計が34度を示していました。車内も休憩中(エンジン停止)に38度まで上昇。
乗客からも「何でこんなに暑いの?お金払って乗るクルマじゃないよ」とクレームが来るほど。
窓を開けたほうが涼しく、汗だくになって走ります。乗客も「あ~外のほうが涼しい」といって降りていきます。

新人には車齢20年以上の古いクルマしか割り当てられないのです。
一方のベテラン氏は新車で窓を閉め切って涼しい顔して走ります。(ココだけの話、特にウチの営業所は年功序列が激しいです)

梅雨が明けると日中の最高気温は38度、車内は45度を軽く超え、国道沿いの温度計は測定不能の「-(マイナス)」が表示されるとのこと。今から戦々恐々です。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-30 22:05 | バス運転士の仕事
2010年 06月 30日

白い手袋

運転士が着けている白い手袋、弊社の場合、義務ではありません。
着けない人もいるし、白以外の手袋を着ける人もいます。

僕は白い手袋を着けています。
素材はナイロン製で、価格は1双309円@ワークマンです。なぜか礼服用と書いてあります。
100円ショップにもイボイボ付きのドライバー用手袋(綿100%)がありますがアレは不向きです。すぐにくたびれるし、一度汚れるとなかなか取れません。
ナイロン製は手袋をはめたまま石鹸をつけて手を洗うときれいになります。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-30 21:57 | バス運転士の仕事
2010年 06月 30日

運転士同士の挙手

バス同士がすれ違うとき、軽く手を上げて挨拶する光景を見たことがあると思います。
弊社でも毎日、この動作が実施されています。

しかし、全国的には禁止されている事業者のほうが多い(むしろほとんどの事業者で禁止されている)です。
以前、関東地方の事業者で挙手に気を取られて人身事故がおきてから全国的に禁止する流れになり、バス協会からも正式に全国統一見解として挙手禁止の通達が出ました。

弊社でも入社時に挙手禁止、軽く頭を下げるだけの指導を受けましたが、実際には挙手をせずに過ごすのは難しいです。
運転士は全員、挙手が禁止であることを知っているのですが、営業所に帰ってから「アイツは手を上げなかった」「俺を無視した」などと言うものなのです。特にベテランの運転士ほど。
困ったものです。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-30 21:47 | バス運転士の仕事
2010年 06月 27日

続・twitter考

その手軽さゆえに即時性にはすぐれるものの、なんというか端的に言えば無防備すぎて怖いです。
そのうちtwitterがきっかけで事件が起きて、ユーザーのtwitter離れが進むなんて、考えすぎでしょうか。
多くのユーザーが自分のようにtwitterを使いこなせないでいる(と少なくとも僕は思っている)、今のままではミクシィやほかのSNSほどの市民権を得ないで一過性の流行で終わる気がします。

こんなことを考えるあたり、やっぱりtwitterの本質を理解していないのかな。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-27 09:48
2010年 06月 25日

公休日でよかった

未明の決戦、結局全部見てしまいました。
初めは見るつもりがなかったのに、前夜20時~24時ごろまでリビングでごろ寝。
すぽるとの時間に目が覚めてしまいそのまま試合終了まで観戦。その後、昼近くまで爆睡。
きょうが公休日(休み)でよかった、よかった。

にわかファンでもいいじゃないの。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-25 21:08
2010年 06月 20日

明日は9時から15時まで

が休憩時間です。
朝は6時出社、退勤は21時。何をして過ごそうか。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-20 20:45 | バス運転士の仕事
2010年 06月 20日

夏のバーゲン

郊外のショッピングセンターで夏のバーゲンが始まりました。

とても混みあいました。道路が。
バスはいつもと変わらない乗降数でした。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-20 19:48 | バス運転士の仕事
2010年 06月 16日

96/100

今月の社外添乗モニターの点数です。
乗り心地や接遇をいくつかの項目に分けて点数化しています。
96点は営業所内で2位でした。
モニターには個人差があり、実際にお客様の満足度を測ったわけではないので、点数だけで優劣を比較するのはナンセンスです。
しかし、これ以外に運転士を評価する指標がないのも事実です。


昔から、学校の試験の点数だけはそれなりに取る自信はありました。
しかし、学生のころにはこんなこと将来役に立たないからやっても意味がないとも思っていました。
確かに、実社会で数学の公式や英語の文法などが直接役に立つことはあまりありません。

社会に出てから気づいたのは、学生の試験勉強と同じことを実社会でもやっているのです。
会社の人事評価でも学校と同じような評価の仕方しかできないほうが多いということです。
だから、学生のころにテストの点数が取れれば人事考課が上がりやすい傾向にあります。実際に仕事ができるかどうかは別として。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-16 21:48 | バス運転士の仕事
2010年 06月 16日

ご快眠のところ恐縮ですが・・・

今週、お客様の居眠りが続きました。

その1
終点に到着して乗客が下車後、車内を見渡すと後のほうで黒い影。
高校生の野球部員が恥ずかしい恰好で完全に「落ちて」いました。
「お客さ~ん、終点ですよ~」と声を掛けると、目もあわせずに出口へ走り去っていきました。

その2
ターミナル到着後、営業所に回送しようとしたら、後から「すみませ~ん」とご婦人の声。
全員下車したと思ったら最後部の陰に隠れていました。
まだ駅構内で助かりました。降車場所にもう一度着けて無事に下車されました。

その3
若い女性客。
頭が天井に向いて、大きく口をぽかんとあけて眠っていました。目が覚めた瞬間にミラー越しに目が合い、その後、ずっと不機嫌そうでした。

車内で眠る乗客は結構多いです。感覚的に始発/終車では半数以上。
頭がガクンとなったり窓に頭をぶつけたりはっと目が覚める場面をよく見ます。
幸いにも乗り越し事故は今のところありません。
眠っていただけるということは自分の運転を信用していただいていることの裏返しと受け取りますが、自分だったら眠っている姿を見られたくないかも。
あと、安全運転には心がけていますが、急停車による車内事故にも注意してください。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-16 21:10 | バス運転士の仕事
2010年 06月 08日

twitter・・・

一応アカウントは取得したものの、休眠状態です。
ココとの差別化ができません。
それに「○○なう」が腹に落ちないです(以前、一度だけここで使ったことあるけど)。

世代格差?情報格差?
なんというか、ついていけてないのかな。
[PR]

by toyama_dtp | 2010-06-08 22:35